Q&A ロイヤルカリビアンインターナショナル

1.持ち物

通常の旅行用品の他、眼鏡、コンタクトレンズ(スペア)、予備のフィルム、電池、常備薬などをご確認ください。水着、はきなれた運動靴、帽子、サングラス、日焼け止めクリーム、虫除け薬、計算機等のご持参をおすすめいたします。
また、スーツケースは少し大きめのものを用意し、お土産用のスペースを空けておくこともお忘れなく。下船前夜にスーツケースなどの大きな荷物は船に預けてしまいますので、貴重品や土産物、着替え、洗面用具など1泊分の荷物が入る手荷物用バッグもご用意ください。


2. クルーズ書類一式

ご出航の2週間前頃にクルーズ最終書類をお届けいたします。最終書類には日本語のクルーズガイド、寄港地観光(ショア・エクスカーション)の案内、トラベルドキュメント(英語で詳細を記しておりチケットのかわりとなるもの)、バックタッグなどが含まれています。


3.日本語案内

船内の案内は英語になります。日本からのお客様のために、ご出発前に日本語のクルーズガイドお渡しします。船内での過ごし方や船内新聞の読み方などクルーズライフに必要な情報が記載されています。
また、船によっては日本人スタッフの乗船や、日本語船内説明会など日本からのお客様のサポートを充実させたコースもございます。
さらに、マイアミ、フォートローダデール発着のクルーズは現地24時間緊急ダイヤルサービスもありますので安心です。


4.船内新聞

毎夕お客様の客室に船内新聞「コンパス」(英語版)お届けします。翌日の食事の時間、場所、夕方6時以降のドレスコード、催し物のスケジュール、各種施設のオープン時間、寄港地観光等の案内が記載されています。必ず目をとおして、クルーズライフの計画にお役立てください。
日本語船内説明会が実施されるクルーズでは、日本語版の船内新聞をお渡しいたしますが、最新の情報は船内で作成され配布される英語版の船内新聞でご確認ください。


5.食事

お食事はクルーズ料金に含まれており、どこで何を召し上がるかはお客様の自由です。船内にはフルコースメニューをご用意しているメインダイニングルーム、ビュッフェスタイルのカジュアルレストラン、客船によっては予約制レストラン(イタリアン、ステーキハウス)、ハンバーガーショップ、軽食カフェなどがあります。詳細は「クルーズガイド」にてご確認ください。
さらに全船24時間無料のルームサービスを承ります。7:30〜10:00の間はコンチネンタルの朝食をまた朝、昼、晩ともダイニングルームと同じメニューをお届けすることも可能です。
*メインダイニングルームには日本語メニュー、お子様用メニューもご用意しています。ご希望の方はウェイターにお申し出下さい。
*予約制レストランはカバーチャージとして約20ドルがかかります。ルームサービスは$1-2ドルのチップをご用意ください。
*メインダイニングルームの夕食は、ファースト・シーティング(18:15〜)、セカンド・シーティング(20:30〜)の2回の時間帯に分かれています。またテーブルサイズは4〜6名の小テーブルか8〜10名の大テーブルのいずれかになります。個人で参加の方は、他のお客様と同席になりますのでご了承ください。
*時間帯、テーブルサイズは、予約時におうかがい致しますが、希望どおりにお取りできない場合もあります。乗船日に再度ダイニングマネージャー(メートルディー)が調整しますので船内でご相談ください。また、食事の時間帯、座席については、原則としてクルーズの途中で変更できません。
*ショーも2回制になっていますので、いずれのシーティングの方もお楽しみいただけます。
*食事時間は寄港地の出港時間の都合により若干変更になる場合があります。
*基本的に朝食、昼食はメイン、セカンドの区別がなく自由席でお召し上がりいただけます。


6.服装

日中の船内および寄港地ではカジュアルな服装でおくつろぎください。客室内は温度調節が可能ですが、船内の共有施設については冷房がよく効いている場合があります。アラスカクルーズは、氷河観光用に防寒の衣類をご用意ください。またヨーロッパのクルーズは、朝夕の冷え込みに備えて上着をお持ちください。デッキシューズやジョギングシューズなどは、船内のアクティビティや寄港地観光の際に便利です。なお、水着姿でパブリックスペースに出入りすることはご遠慮ください。


* クルーズにより若干異なる場合があります。
* 各クルーズではテーマナイト(ウェスタンヤカリビアンなど)の夕食もございます。
・カジュアル   : ポロシャツやスラックス、スカートなど
・ スマート・カジュアル: 男性はジャケット、ブレザーにネクタイ着用、女性はワンピース又はスーツ
・フォーマル : 男性はダークスーツ、ディナージャケットやタキシード、女性はドレッシーなワンピース又はイブニングドレス
* 洋装だけでなく、船内では和服も映えます。思い思いのおしゃれを楽しんではいかがでしょう。
  <夕食時のドレスコードの目安> 

クルーズ泊数

カジュアル スマート
カジュアル
フォーマル
3泊クルーズ 2回 1回
4泊クルーズ 3回 1回

5泊クルーズ

3回 1回 1回

7泊クルース

4回 1回 2回
10泊クルーズ 4回 3回 3回
11泊クルーズ 5回 3回 3回
12泊クルーズ 6回 3回 3回
13泊クルーズ 7回 3回 3回
14泊クルーズ 7回 4回 3回
15泊クルーズ 8回 4回 3回
16泊クルーズ 8回 5回 3回
17泊クルーズ 9回 5回 3回


7.乗船日について

(1) 出航日の乗船開始時間は、通常各クルーズとも午後12:00からとなります。出航時刻の1時間前までにご乗船ください。遅れた場合はご予約キャンセルとみなされ乗船を拒否されることがありますので、余裕を持ってご乗船ください。午後1時を過ぎますとチェックインカウンターが大変込み合います。また、午後2時頃から日本語船内説明会を実施するクルーズもございますので、できるだけ12時頃に乗船されることをおすすめいたします。
(2) スーツケースなどの大きなお荷物は、クルーズターミナルにおりますポーターにお預けください。荷物には必ずお名前、キャビン番号を記入したバッグタッグ(最終書類に同封)を事前におつけください。*ポーターには荷物1個につき1〜2ドルをお渡しください。
(3) 乗船日には、15時ごろまでビュッフェスタイルの昼食をご用意いたしております。

 

主な港の案内



8.シーパスカード(クルーズカード)

ご乗船の際に、船名、乗船日、お名前、食事のシーティング、テーブル番号が書かれたシーパスカード(クルーズカード)を発行いたします。これは「身分証明書」「クレジットカード」「客室のカギ」の3つの機能があります。(※カギの機能は別のカードを使用する船もあります。)寄港地で乗船、下船する際には検査がありシーパスカードは寄港地および船内での身分証明書となりますので、必ず常時携帯してください。
クレジットカードの機能は、乗船のチェックイン手続きの際にお客様のご指定のクレジットカードを登録することにより、船内のお支払い全般をサイン1つですることができます。
ご利用いただけるクレジットカードは、ビザ,マスター、アメリカン・エクスプレス、ダイナ−スクラブなどです。船内でご利用になった全ての使用明細は、下船日朝に各客室にお届け致しますのでご確認ください。後日通常のお買い物と同様にカード会社から請求されます。
またシーパスカードの精算を現金、トラベラーチェック(USドル)で行うこともできますが、一定額を超えると一旦精算していただくことがございます。
さらに、客室のカギとしての機能がございますが安全のため客室番号は書かれておりません。客室のカギはオートロックですのでご注意ください。
*シーパスカードの明細の不明点、訂正は必ず下船前にパーサーズデスクへお申し出ください。下船後の訂正は承りかねますのでご了承ください。


9.船内での通貨

船内通貨はUSドルです。船内では、トラベラーズチェックから現金への両替、USドルから各寄港地の通貨への両替も可能です。(日本円はご使用になれませんのでご注意ください)


10.船内のご案内

船内のパーサーズデスク(ゲストリレーションデスク)では、24時間体制でご相談に応じます。各種ご案内の他に、郵便・ファックス受付、両替、貴重品のお預かり、税関関係などを行います。ご不明な点は、お気軽にご相談ください。両替等、お金の出し入れに関する業務時間は船内新聞でご確認ください。


11. お子様のための設備

本船はご家族の方々のご乗船を歓迎いたします。お子様も参加いただける施設、プログラム、ベビーシッターサービスもご用意しています。また客室にはベビーベットの設置が可能ですので、ご希望の方はご予約時にお申し出ください。ただし、船内、特に夜のラウンジやダンスフロアーではお子様がおひとりにならぬようご両親の協力をお願いいたします。
* ベビーシッターサービスは1歳以上のお子様が対象で、1時間$8〜になります。船内でご予約ください。
*お子様の施設・プールの使用は、おむつが完全にとれた3歳以上のお子様が対象になります。


12. チップ

チップは原則としてお客様のお気持ちとしていただくものですが、便宜上目安として下記のとおりご案内いたします。チップは下船前夜お渡しする封筒に現金を入れ、下船前夜にダイニングルーム、客室にて担当のスタッフに直接お渡しください。バーウェイター、バーテンダー、ワインスチュワードへのチップは、飲物料金の15%が自動的に加算されます。ただし、その他ルームサービスなどお客様の個人的なご要望にお応えしたサービスについては、その都度お客様の判断でお願いいたします。
<チップ内容>
ダイニングルーム・ウェイター :$3.50(1日/お1人様あたり)
キャビン・スチュワード/スチュワーデス :$3.50(1日/お1人様あたり)
 ※スイート客室は$5.75(1日/お1人様あたり)になります。
バス・ボーイ(アシスタント・ウェイター) :$2.00(1日/お1人様あたり)
ヘッド・ウェイター :$0.75(1日/お1人様あたり)
計 :$9.75(1日/お1人様あたり) ※スイート客室は$12


13. 禁煙席・喫煙席

お客様の客室では喫煙自由ですが、シアター、ダイニングルームは全館禁煙となっています。バー・ラウンジなどの公共の場は禁煙席・喫煙席に分かれていますのでご協力ください。葉巻やパイプは外デッキやシガーバーなどの専用室にてお願いいたします。


14. 飲酒

18歳から20歳のお客様は、ビールとワインのみお楽しみいただけます。21歳以上のお客様は、すべてのアルコールドリンクをお楽しみいただけます。また、アメリカの寄港地では、21歳以上の方にのみ飲酒が認められています。アルコール飲料の船内へのお持ち込みはご遠慮ください。


15.カジノ

各船に本格的なカジノを備えています。ブラックジャック、ルーレットなど人気のゲームを楽しんだり、スロットマシーンで運試しはいかがでしょう。開場時間は船内新聞に記載されますが、船が港に停泊中は法律により開催できませんのでご了承ください。
尚、18歳以上のお客様のみカジノで遊ぶことができます。カメラ、ビデオの撮影はご遠慮ください。


16. 医務室

各船に医師1人、看護婦1人以上が乗船し、医務室は毎日オープンしています。24時間体制で緊急時にも対応しますのでご安心ください。 受診は有料で、USドルの現金またはトラベラーズチェックのお支払いとなりますのでご了承ください。なお、船酔い止めのお薬はゲストリレーションデスクまたは医務室で無料でお配りいたします。


17. 保険

クルーズ中の思わぬ事故、病気、寄港地観光中の盗難などに備え、お客様各自で旅行傷害保険(含む携行品)に加入されることをおすすめします。


18. 電圧

キャビンの電源は交流110ボルト(日本と同じA型)および220ボルトで、プラグは2股または3股です。電力が低い電化製品で短時間でしたら多少は使用可能ですが、安全のため変圧器をお持ちになることをおすすめいたします。


19. 写真撮影

プロのカメラマンが、船内さまざまな場面でお客様のお写真をお撮りします。写真はフォトギャラリーに展示され、ご希望のお写真は購入いただけます。(有料)
また、お客様の写ったお写真を弊社の制作物に掲載する場合がありますのでご了承願います。


20. クリーニング

有料にて衣類のクルーニングを承ります。プレスのみや当日仕上げのコースもあります。コインランドリーやアイロンの貸与はございません。


21. 横揺れ防止

全ての船にはフィンスタビライザーと呼ばれるフィンが設置されており、横揺れを防止しています。また全て7万トン以上の大きな客船ですので、小型船に比べて波の影響はあまり受けません。特にカリブ海などのおもなクルーズ海域は通常穏やかな海で知られています。


23.寄港地でのショアエクスカーション

各寄港地では様々なショアエクスカーションをご用意しています。ツアー内容・料金等詳細はご出発前にお渡しします。予約は船内のショアエクスカーションデスクで承ります。参加人数に限りがありますので、乗船後お早めに申し込みされることをお勧めいたします。お支払いはシーパスカード(クルーズカード)をご利用いただきます。
特に事前予約をご希望の方は出発の10日前までに、直接米国本社のホームページ(英語)にてご予約いただけます。精算はお客様指定のクレジットカードから引き落としとなります。一旦お申し込みいただきましたツアーのお取消し、払い戻しはできませんのでご注意ください。なお、ツアーは船会社とは異なる現地の手配会社の主催となります。
* ショアエクスカーションデスクでは各種ツアーだけでなく個々に観光される方ヘの情報提供も行っています。どうぞご遠慮なくお問い合わせください。


23. 通信

航海中の船には通信衛星を通じて、電話、ファックスでの通信が可能です。ただし、船が港に停泊中は通信できませんのでご了承ください。なお衛星回線のためつながりにくく、通信料も割高になりますのでご了承ください。
船から日本に電話をかける場合、1分$7.95になります。

また船内にはパソコンが設置されていますので、ホームページの閲覧やメールの送信ができます。(1分間50セント/英語のみ)

日本から船に連絡する場合は、米国経由の船専用回線をご利用ください。
米国から船への通話料は1分$7.95でお客様のクレジットカードからの自動引き落としになります。米国までの通話料は別途必要です。

<ロイヤル・カリビアン船専用回線ご利用方法>
1)国際電話の番号(001)+010に続いて1(アメリカ国番号)-専用回線番号(Tel Cominucation Netwark)732-335-3285へおかけください。
2)英語でロイヤル・カリビアン社専用電話であることと料金システムの説明があります。
3)続いて船名別にIn Put番号をアナウンスします。該当船の番号をおしてください。
4)クレジットカードの種類を聞かれます。ご指定決済カード(VISA、アメリカンエクスプレス、マスター、ダイナース ※JCBは不可)の該当番号を押してください。
5)カード番号および有効期限月&年を4桁で押してください。(例 2005年10月まで有効=1005)問題なければ船内につながります。通話料(1分$7.95)は後日登録のクレジットカード会社から請求されます。


24. 下船


下船前日に下船手続きの説明文と色別に下船の順序を示すバックタック、税関申告書が配られます。前日深夜までにスーツケースを客室の外へお出しいただきます。
下船は船が入港してから数時間かかります。同日の航空便をご利用の方は午後発の余裕をもった便を手配ください。

ロイヤルカリビアンTOPへ