今月のオススメ ダイビング
パラオ直行便成田・大阪・名古屋
スミランクルーズ
モルジブ・ブルーシャーク2クルーズ
モルジブ・アイランドサファリクルーズ
ソロモン諸島クルーズ・ホテルステイ
パプアニューギニア
メナド
石垣島
奄美大島
与那国
宮古島
座間味島
 新着・更新情報
 スミランクルーズGWまで
 こだわりセレクト
ダイビングクルーズ
シーズンで選ぶ
セルフでワーフダイブを楽しむ
1日3本可能!
ライセンス取得講習
ベビーシッターサービスがある




マルタ島ダイビング
マルタは温暖な気候で、冬の平均気温は約10度で、 降水量は年間合計で50cmと、滅多に雨も降らず、夏になれば気温は30度を越す毎日の、暖かい島国です。コミノ、コミノット、フィルフラ、セントポールなど、数多 くの小さな島々もありダイビングも出来ます。

マルタ
■タグボート・ロジ
ロジは1991年に沈められた、そこがガラス張りになっている40mの大きさの引き舟(タグボート)です。 バラクーダ、スズメダイ、ハタ、ウツボ、タコ、タイやベラなどがいて、たくさんのマリンライフが楽しめます。
■マルファポイント
岩や洞窟をくぐり抜けたりするリーフに沿ったダイビングです。 このダイビングのマリンライフはバラクーダ、マグロ、ベラ、スズメダイ、ボラ、タイ、タコ、ウツボやサバが居ます。
■英国軍艦・マオリ
マオリはマルタで最も有名な沈船で、素晴らしいダイブサイトでもあり、マルタの歴史の重要な部分にふれる事が出来ます。 たくさんのいろいろな種類の魚が住み、沈船と生物が混ざり合っています。たくさんの船の残骸も残っていますので十分に楽しめます。 マリンライフはカサゴ、ロブスター、ウミウシ、テンジクダイ、ウニ、タイやタコがいます。
■カロリータ・将官艇
1942年4月21日将官艇はマヌエル島の潜水艦置き場に停泊していました。そして暗かったので潜水艦の魚 雷に間違って撃たれてしまい、沈んでいったと言われています。 船尾の部分は明らかに壊されて、右側に傾いているようになっています。マリンライフはたこ、小さなハタ、スズメダイ、オコゼなどがいます。
■ブレネム・爆撃機
これはとびきり上等な10本の指に入るボートダイブです。 エンジンはブリストルマーキュリー社の物で、920馬力もあります。さらけでているのでよく観察する事が出来ます。操縦装置 はまさにパイロット席のまん前についています。マリンライフはカニ、ヤドカリ、カサゴなどです。
■ズリーク/青の洞窟
小さい船着場からのエントリーで、とても人気のあるダイブサイトです。
洞窟を離れ壁に沿って進むと、そこはたくさんの魚魚魚。ハタ、スズメダイ、ベラ、ボラ、カサゴ、それにタツノオトシゴまでいるときもあります。
■ア・ラプシ
長いコンクリートの坂道を降りて行くと、そこには海水浴の人用なのか、はしごなどが用意されているプールに出ます。 トンネルの中は太陽の光があちこちから入り込み、驚くほど美しい神秘的な水中世界を作り出しています。
アンカーベイ
大きな洞窟の入り口が10mぐらいのところにあります。洞窟に入り中に進んで行くと、ドーム型の天井になっていて、水が中まで入 り込んでいないので水面に簡単に着く事ができて、顔を出して話が出来てしまう、そんな洞窟です。その長い洞窟の同じところを引き返して外 に出ます。パロットフィッシュ、ウツボ、その他にもいろいろいます。

ゴゾ
■シュレンディベイ
ここは比較的浅瀬のダイビングで、洞窟初心者には最適のダイブサイトです。最高水深は12m程度で湾の底 を横切ります。海草と砂地の広場にはいろいろな種類の魚達、特に幼魚達が住みついています。
■ブルーホール
ブルーホールは深く思い出に残るダイブサイトです。エントリーポイントは何の変哲もない岩場のプールから入り、10mぐらいまで潜 る事が出来ます。7m辺りに外洋に出れる門があります。左側に沿って出ると巨石がごろごろしていて、ウツボなどがいます。
■ビリングスハーストケーブ
洞窟の入り口が水面から27mと大きな洞窟で、電車のトンネルと言われるほどの大きさの物です。
モデル日程マルタ島ダイビング7日間成田発着 *随時見積致します。
飛行機


成田他
マルタ


午前

直行便(又はヨーロッパ経由)で
マルタ島へ
到着後ホテルへ

マルタ島 機内

マルタ
 
1日2本ダイビング
マルタ島
朝食
マルタ
 
1日2本ダイビング
マルタ島 朝食
  マルタ島
  1日観光 マルタ島 朝食
飛行機 マルタ島
ローマ
  ホテルより空港へ
空路、イタリアへ
到着後ローマホテルへ
ローマ 朝食
  ローマ   市内観光 ローマ 朝食
飛行機 ローマ   送迎にて空港へ
空路、日本へ
機中  
 
成田他
  到着後解散 - 朝食

各観光オプションもご用意しております。

弊社への許可なく当サイト内全情報の無断転用を堅く禁じます。
Copyright (C)2003-2009 Abroad Corporation. All Rights Reserved